東京湾ヘチ釣り日記!

仕事終わりの東京湾ヘチ釣りの記録です!たまに遠征します!

*

東京湾の放射能汚染について!後編!

      2015/11/06


前回、東京湾の放射能汚染について①で
この調査の経緯を紹介しました。
 
 
 
 
今回は、
その調査の結果など レポートします!
 
 
 
 
まず、計測に必要な規定がありますぞ♪
 
 
 
 
①検体の量
基本的には400gあれば、理想とのこと。
 
 
 

スポンサーリンク


 
 
 
量によって何が変わるのか?
ベクレルセンターTEL!
 
 
 
 
検出限界値が変わりますよ。とのこと。
400gあれば、検出限界は5ベクレル以下
この場合、5ベクレル以下の数値は一律、不検出!
となり、正確な数値は5ベクレル以下という事実以外は
分からない!ということです。
なので、不検出と出た場合、
0ベクレルなのか4ベクレルなのか
は分からない。という意味らしいです。
 
 
 
 
日本の食品の出荷停止基準は、
一般食品は100ベクレル以下。
ちなみに、チェルノブイリ関連で、
ウクライナの魚の基準は、150ベクレル以下

なので、5ベクレルという基準は
かなり厳しい基準と言えますね。
 
 
 
 
②魚の場合さばいて3枚おろし
丸ごと送っても、先方でさばいてくれる
らしいですが、別料金!
 
 
 
 
③クール宅急便で
生物は、クールで!
そんなところでしょうか。

ちなみに料金は、1検体4980円。後払い。
お伝えしたメールアドレスに
検査結果のpdfとペイパル?(だと思う)
での支払い案内が来るとの事。
 
 
 
 
計測機器は、
ベルトールド社製 LB2045
sokutei.jpg
です。
 
 
 
 
前置きはこんな感じ!
 
 
 
 
ここ数回、毎度、有明西ふ頭公園に
通っていたのは、同じ場所で釣った魚
検体にしたかったから

早く400g集めたかったから、自分的に
確実な場所で釣りたかったから

ここで釣れた魚を何度も食しているから
ですよ!
 
 
 
 
前回までの釣行で、かなり釣りためておいた!
検体は2つ!
①シーバス
※フィッシュイーター系
②カサゴ
※根魚系
魚の処理は、釣ったその日に
食べる際と同じように、3枚おろしにして
皮を剥ぎ、適当なサイズに切ったものを
冷凍保存しておきました!
 
 
 
 
さてさて♪
 
 
 
 
最終的に何グラム?
 
 
 
 
計ります!
ドキドキ・・・(何で?笑)
シーバス!・・・350グラム!!
kentai1.jpg
まーいいね♪
 
 
 
 
カサゴ!・・・200グラム!!
kentai2.jpg
ん~…ちょっと少ないね。
※でも、ベクレルセンターのかたに
少なくても、測れますよ!って言われたし
カサゴ、量かせぐのは大変!
後、何匹必要なんだ?って事なので
行ってみよ~!
 
 
 
 
この、2つの検体
別々のタッパーに入れて
ラベル貼って 、クール宅急便で送る!
 
 
 
 
コンビニに持っていく。
コンビニではクールで対応できない。。。
 
 
 
 
そーか~、知らんかった。
ヤマトの営業所に持っていくのね♪
 
 
 
 
はい♪持っていきました~
後は
結果を待つのみ!なんかウキウキ!
 
 
 
 
結果は検体到着後、1日でわかるとの事!
早!
 
 
 
 
翌翌日。
 
 
 
 
メールでpdfで来ましたよ!
結果!
 
 
 
 
ドキドキ。。。
 
 
 
 
さあ♪どう!
 
 
 
 
結果は!
 
 
 
 
シーバス!・・・不検出!(検出限界:5.791ベクレル)
kekka1.jpg
kekkasyousai1.jpg
 
 
 
 
カサゴ!・・・不検出!(検出限界:8.841ベクレル)
kekka2.jpg
kekkasyousai2.jpg
オメデトウ!
やった~!
 
 
 
 
汚染されてないんだ~♪
これでスッキリ!
 
 
 
 
でも、だからと言って、絶対に安全かどうかはわからない。
それは誰にもわからない。
 
 
 
 
今でも魚屋に三陸産のサバとか
普通に並んでいる。
別に気にしない。そんなの。
 
 
 
 
回游する魚は福島沖を回遊して
静岡で水揚げされてるかも知れない。
そんなの、魚にしかわからん!
 
 
 
 
もっと言うなら
日本海は安全なのか?
 
 
 
 
近隣の国が、核廃棄物を日本海に投棄した
とか、核実験の影響がなんて、話しもある。
 
 
 
 
それが、本当なのか?
危険なのか?安全なのか?
 
 
 
 
わかんないですよね!
だから、自己判断ですね♪
 
 
 
 
私の場合、測定してみる、ということで
ひとつの自己判断をしましたよ~
 
 
 
 
ということで、
美味しく、東京湾のお魚
これからも食したいと思います!

 - 日記

#side aside { z-index: 100; position: relative !important; }